C級中位大学

C級中位大学詳細ランク解説

解説

国立大学

「5S」~「5山」の間に入るレベルの大学が該当する。

2022年4月更新前より所属していた大学

岐阜大学・三重大学はともに名古屋を中核とした中京エリアに位置するだけあって就職実績は良好であり、特に理系の大学院はトヨタ系のみならず幅広い大手製造メーカーへと人材を輩出しているようだ。人文系は県庁・市役所への就職者がズラリと、文系は公務員試験実績も高い。

岐阜大学は、地元岐阜県より愛知県出身の学生の方が多く、やはり同県とのつながりは深い。2020年には、国立大学法人名古屋大学と国立大学法人岐阜大学により経営の効率化などを目的として、国立大学法人東海国立大学機構が発足した(岐阜大学がなくなるわけではないです)。

三重大学は水産学部があった名残からか(今も後進はあるはずだが)、キャンパスは伊勢湾を望む海沿いに位置している。セントレアへも津市から船で行き来が可能であり、遠方の方も進学を検討してみては如何だろうか。

2022年4月更新時に追加された大学

実は、当サイトの立ち上げ当初だと、このC級中位大学にはもう少し多くの国公立大学が所属していたのだが、更新を重ねるごとに色んな大学が卒業したり降格したりして、空席が目立ってしまった。

また、入試難易度はともかくとして、出口評価である大手企業就職実績については「5S」と「5山」の間には少々広めの差が存在している。

このような背景があり、現在かなり膨れ気味のC級下位大学から、大手企業への就職実績が良好な大学、メイン指標ではないながらも公務員実績が素晴らしい大学は、その功績を考慮して、順次C級中位大学への見直しを検討している。その第一陣として今回変更したのが岩手大学・宇都宮大学・長崎大学である。

岩手大学・宇都宮大学

正直、入試難易度的にみるとC級下位水準を脱しているとは言い難く、大手企業への就職力も数値的にはそこまでではないのだが、ランク付けにおけるメイン指標ではないながらも公務員試験実績を含めて見ると一気に数値・順位が跳ね上がる(50校くらいごぼう抜き)ので、この功績を捨て置く訳にはいかなかった。

理系で公務員の道に進まれる方も多いようで(農学部は公務員多め)、地元で公務員という志向はやはり強いようだ。

大手企業就職力を重視したランキングだったので、まず他に上げるべき大学があったのかもしれないが(ミスった 泣)、今後も当ランクへの変更を検討している大学がある。

長崎大学

九州地方ではA級の九州大学、B級の熊本大学・九州工業大学、その次に位置するのが当大学である。同エリアの有名な私立大学である西南学院大学よりも優先して進路選択がされる。

大手企業就職実績は良好であり、「有名企業400社実就職率ランキング」の分母から公務員就職者・医療系学部の卒業生数を差し引くと、B級大学クラスへと踊り出る数値が表れる(薬学部の存在もあり、医療系学部の学生数は結構多いのだが)。

工学部などの就職の強さは言わずもがなだが、「第三高商」をルーツとする経済学部も名門であり、金融系への就職をはじめとして実力を発揮している。国内外の諸都市との関りが強い港町(小樽・横浜・神戸など)は商業が発達しやすく、それに関する学問も盛んである。

大学群は?

このC級中位の国立大学には、該当する大学群が存在しない(マイナーなので何かあるかな??)。入試難易度的にはC級下位と大きな差はないかもしれないので、受験産業的には大学群を作っても仕方がないのだろうか・・・・。

地方国立大学については書ききれないこともあるので、詳細は以下のコラムにて。

公立大学

愛知県立大学は、人文系学部の比重が高いと思ったら、その前身は女子専門学校であり、女子高等教育の中核的な役割を担っていたとのこと。その後、1966年に共学化される。特に、伝統の外国語学部を巣立った学生の就職先には、錚々たる企業の名前も沢山見つかる。

それに対して兵庫県立大学は、2004年に開学した比較的新しい大学だが、3つの大学を統合して誕生した大学であり、その1つである神戸商科大学は昭和初期からの長い歴史を持つ(紛らわしいが神戸商大学は現:神戸大学)。県内の一般人からはレベルの高い大学として認識されており、同学OBの知人は周りから結構もてはやされたらしい。

私立大学

成城大学

私立大は成成明学独國武の中上位クラス・・・(というか成成明学の中位?)が該当。関東において「GMARCH」と「日東駒専」の間に入る大学群だが、関西には該当する大学群がない。私立大学の定員数厳格化により、この大学群も難易度や倍率が上がっていると言われる。就職実績を見るに、「GMARCH」との間に学歴フィルターを設けている大手企業も少なくない模様で、コスパ的には悪くなっているというのが実情のようだ。

とはいえ同大学群内でも序列があり、トップの成蹊大学に加え、同ランクに位置する成城大学や、降格してしまった明治学院大学の3大学は、有名企業への就職率は10%台で踏みとどまっている。どの大学に対してフィルターを設けるかはまちまちの可能性もあり、「成成明学独國武」という大学群では内部格差が結構激しい。

四工大・女子大御三家

上記大学群からは、各群トップである芝浦工業大学・津田塾大学を除いたメンツがこのクラスにランクインしている。

それぞれ、工学部を中心とした理系単科大学、女子大(一般職が多いらいしけど・・・)という特徴から難易度の割に就職のいい、つまりコスパのいい大学であることから、一般的な地方国立大学(C級下位クラス)よりも高い大手企業就職実績を叩き出している。

芝浦以外の「四工大」の中にも序列があるという意見もあるが・・・それについては、また今後の課題ということで(予備校発表の偏差値だって上がったり下がったりするし、またC級下位に戻ることがあっても許してね 笑)

南山大学

名古屋からは中京のトップ私大、南山大学の名前も。A級大学の名古屋大学、B級大学の名古屋工業大学・名古屋市立大学と比べると分が悪いかもしれないが、中京エリアの私立大学では敵なしの状態である。文系理系あわせて8学部を揃えた堂々たる総合大学であり、名古屋の有名大学群「愛愛名中」とは差をつけている・・・が、理系では名城大学の評判が良いので例外もある。

最近は「南愛名中」という括りも見られ、「日東駒専」クラスであるという認識も拡がってきているように見受けられる。だが、当サイトはこの認識には反対であり、南山大学はあくまで「愛愛名中」とは別次元の存在であるという認識だ。詳しくは、後日リリース予定の「愛愛名中」の大学群紹介ページにて記載するつもり。

就職

C級の中堅・・・ともあって、学歴フィルターに引っ掛かったり引っ掛かからなかったりと、大手企業への就職戦線の中では微妙な立ち位置にいるのが正直なところであり、学歴フィルター通過後は筆記試験等でさらなるフィルターが待ち受けているので、面接対策一辺倒にならないよう注意。

関係大学群

成成明学獨國武
女子大御三家
四工大

関連ランク

C級大学
   ・C級上位大学
   ・C級下位大学

学歴ランクへ戻る

 

タイトルとURLをコピーしました